弁護士法人 大阪パブリック法律事務所
お知らせ・事例報告
Blog

違法収集証拠の排除が認められ無罪となった事案

警察官が職務質問をしているとき,市民に対してどこまでのことができると思いますか。 憲法35条は,裁判官が令状を

2015年 6月 07日
/

不正競争防止法違反で逮捕・勾留されたが、勾留3日目で釈放された事例

犯罪の嫌疑をかけられて逮捕・勾留されている方を釈放させるための活動は、捜査弁護において、最も重要な弁護活動の一

2015年 5月 27日
/

再度の精神鑑定を実現させた結果,裁判員裁判で心神耗弱が認められ,執行猶予となった事案

刑事事件の一部には,精神病などの精神障害を患っている人が犯罪に及んでしまうケースがあります。 法律では,精神病

2015年 4月 20日
/

勾留されないため、保釈されるために必要なものとは

勾留されてしまうかどうか。保釈が許可されるかどうか。こういった身体拘束の問題は、本人や家族にとって重大な問題の

2015年 4月 20日
/

被疑事実を否認しつつ示談を成立させ,嫌疑不十分として不起訴となった事例(詐欺事件)

冤罪を受け入れるということは,あってはなりません。 一方で,示談の成立は,被疑者の処分に極めて大きな影響を与え

2015年 3月 13日
/

暴行事件で正当防衛を主張し,示談をせずに不起訴となった事案

今回ご紹介する事案は,深夜,見知らぬ男性と口論になり,暴力を振るってしまった,という男性Aさんの暴行事件です。

2015年 2月 27日
/

妻の連れ子に対する傷害・監禁で逮捕・勾留されたが、不起訴となった事案

被疑者の方は、妻と共謀して、妻の連れ子に対して傷害・監禁をした疑いで逮捕・勾留されました。 被疑者の方は、弁護

2015年 2月 26日
/

無限の想像力で熱心弁護を!

当事務所の所長弁護士である下村忠利は、任意団体「刑事弁護フォーラム」の副代表世話人を務めています。 刑事弁護フ

2015年 2月 19日
/

ブラック企業の報復② -業務上横領で告訴され逮捕・勾留されたが不起訴となった事案

フランチャイズチェーン店舗の店長の立場にあった方が、会社から独立した後、業務上横領罪で会社から告訴され、逮捕・

2015年 1月 22日
/

強制わいせつ致傷で逮捕・勾留されたが勾留延長満期前に釈放され、不起訴となった事案

強制わいせつ致傷罪は、裁判員裁判の対象となる重大事件です。 国選弁護人として受任した強制わいせつ致傷事件で、不

2015年 1月 17日
/