弁護士法人 大阪パブリック法律事務所
お知らせ・事例報告
Single post

強制わいせつ致傷で逮捕・勾留されたが勾留延長満期前に釈放され、不起訴となった事案

強制わいせつ致傷罪は、裁判員裁判の対象となる重大事件です。

国選弁護人として受任した強制わいせつ致傷事件で、不起訴となった事案をご紹介します。

 

初めて接見した際、被疑者の方は、「家族のことを考えると本当のことを言えない」と悩んでいました。

そこで、すぐに家族の方と連絡をとり、性犯罪は治療やカウンセリングが必要なケースがあること、本件が裁判員裁判の対象となる重大な事件であること、被害者の方に対する誠意ある対応が必要であることなどを時間をかけてお話ししました。

家族は、被疑者を見放さずに支えると言ってくれました。

被疑者の方は、家族が自分を支えてくれることを理解でき、真摯な態度で取調べに対応しました。

同時に、被害者の方に対して、被疑者だけでなく家族も謝罪の手紙を書き、読んでもらいました。

また、弁護人と被疑者の家族とで、被害者の方に直接会い、お詫びを申し上げるとともに、今後、被疑者の方が同じ過ちを繰り返さないために具体的にどうするかを説明し、家族が一丸となって再犯防止に取り組むことを伝えました。

被害者の方は、被疑者とご家族の気持ちを汲んでくださり、示談が成立しました。

弁護人から、上記の経緯を逐一担当検察官に報告していたこともあり、勾留延長満期前でしたが、示談が成立した日に、被疑者の方は釈放され、不起訴処分となりました。

 

裁判員裁判の対象となる重大事件の被疑者となった場合でも、捜査段階の弁護活動次第では、不起訴処分となることもあります。

弁護活動は、迅速かつ集中的に行う必要があります。

すぐに当事務所にご相談ください。

(亀石倫子弁護士担当事案)