弁護士法人 大阪パブリック法律事務所
お知らせ・事例報告
Single post

痴漢事件の被害者との示談が成立し、不起訴となった事案

痴漢事件を起こしたという方から、被害者の家族と示談交渉をしているがまとまらないと相談がありました。

この方は、逮捕はされていませんでしたが、同じような事件を起こしたことがあり、示談が成立しなければ、正式裁判になる可能性もありました。

自分で被害者の家族と示談しようとしましたが、うまくまとまらなかったそうです。

当事務所の弁護士が代理人となり、被害者の家族のお話をうかがうと、最初にかなり低額の金額を提示してしまい、怒りを買ってしまったようでした。

被害を負わせたことに対するお詫びのお金なのに、低い額を提示して少しずつ積み上げるような方法では、まとまるものもまとまりません。

当事務所の弁護士が代理人に就いてからは、それまでの交渉の仕方を率直に詫び、改めて一から交渉することで、相応な額での示談ができました。

その結果、依頼者は不起訴になりました。

当事務所では、示談交渉も数多く手がけており、相手方も納得したうえでの円満な示談を実現することができます。

自分で相手方と接触して示談交渉をこじらせてしまう前に、まずは当事務所までご相談ください。